« そういうところをみると | トップページ | 下ネタ小話 »

2010年2月24日 (水)

冤罪を晴らす

弟子:

今度は、「30年ぶりに冤罪を晴らすことが

できたのだが、すでに父は鬼籍に入ってし

まっていた」の「冤罪を晴らす」ですが・・・?

先生:

“伸冤 shēnyuān”

などと言うな。

“市长,请您为我哥哥伸冤!

を訳してご覧。

弟子:

「市長様、兄の冤罪を晴らしてやって

 ください、お願いします!」

先生:

この世は、「冤罪」に満ちているな。

「冤罪」は、なかなか晴らしがたいものが

あるよな。

弟子:

はい、卑近な例で申し上げますと、昨日の

「ちまき」事件ですが・・・。

先生:

あー、あれは、君が食べたんだろう?

弟子:

ですから、それは、「濡れ衣」だって申し上げ

ているじゃないですか。

本当に、空中から、「手」が伸びて来て、

「ちまき」をかっさらって行ってしまったんです

よ。

先生:

もうちょっと、もっともらしい嘘がつけないのか

ね?

弟子:

本当ですよ。

「ポニョ」に聞いてみてくださいよ。

先生:

どういう係わり??????????

« そういうところをみると | トップページ | 下ネタ小話 »

」カテゴリの記事