« 遊び友達 | トップページ | 地元のボス »

2010年2月23日 (火)

服がボロボロ

弟子:

今度は、「服がボロボロで、とても、人様

の前に出れたものじゃないよ」の「服が

ボロボロ」「ぼろを着て」ですが・・・?

先生:

“衣衫褴褛 yīshānlánlǚ

“衣服破破烂烂

yīfupòpòlànlàn”

などと言うな。

“他衣衫褴褛,手里挂着根

带刺的拐杖,蹒跚地走着。

を訳してご覧。

弟子:

「彼はボロボロの服をまとい、刺だった

 杖を手に、よたよたと歩いていた。」

先生:

「襤褸を着てても、心は錦」などと言うが、

どうかね?

弟子:

そういう「境地」になるためには、「托鉢

僧」の修業を長年やらない限り無理です

ね。

今じゃ、「泥棒」だって、「おめかし」して

ますからね。

先生:

どこにそんな「泥棒」、いる?

弟子:

「おしゃれ泥棒」がいますよ。

先生:

???????

« 遊び友達 | トップページ | 地元のボス »

」カテゴリの記事