« なしのつぶて | トップページ | ぎりぎりの生活 »

2010年2月21日 (日)

不格好

弟子:

今度は、「まあそれほど不格好という訳

ではありませんが、決してハンサムとは

言えませんね、このオス猫は」の「不格

好」「ぶさいく」「ぶ男」ですが・・・?

先生:

“不好看 bùhǎokàn”

歪瓜劣枣 wāiguālièzǎo

などと言うな。

“为什么有的人长得那么帅,

而有的人又长得那么歪瓜劣枣?

を訳してご覧。

弟子:

「なぜ、この世には、ハンサムな人もいれば、

 ぶ男もいるのでしょうか?」

先生:

それは・・・・。

この問いを発する男によって、答えが違うんだよ。

弟子:

では、私が、この問いを発したとして、どうお答え

に?

先生:

「ハンサムな人間に生まれたら、それはそれで、

 つらいものがあるんだよ。」

弟子:

ん~~~~ん、ということは、私は、・・・・。

« なしのつぶて | トップページ | ぎりぎりの生活 »

」カテゴリの記事