« 血気盛ん | トップページ | 応分のお返しをする »

2010年2月10日 (水)

冷やかに

弟子:

今度は、「あの時、彼女が冷やかに言い放

った言葉が忘れられない」の「冷やかに」で

すが・・・?

先生:

“冷声冷气地 lěngshēnglěngqìde”

などと言うな。

“他继而冷声冷气地问我:

那照你这么说,

我娶了你又有什么作用呢?”

を訳してご覧。

弟子:

「彼は、続けて、冷やかにこう言った。

 君のその言い分によれば、僕が

 君と結婚しても、君は何の役に

 立つって言うの?」

先生:

こいつは、「結婚」を何だと考えている

んだ?

「結婚相手」は、「道具」か?

弟子:

そうですよ、先生、「道具」ですよ。

先生:

君、今日は、随分と「クール」だな?

弟子:

「セックスの相手もしてくれない」

「ご飯も作ってくれない」

「掃除もしてくれない」

「洗濯もしてくれない」

「おしゃべりの相手もしてくれない」

相手と一緒にいてこそ、「結婚の本質」が

見えてくるんですよ。

先生:

だが、少なくとも、奥さんは、「子供を産んで」

くれただろうが?

弟子:

そら、そら、先生こそ、「配偶者」を、「子供を

産む道具」と見ているじゃないですか?

先生:

う~~む!!!!

« 血気盛ん | トップページ | 応分のお返しをする »

」カテゴリの記事