« 鉢合わせする | トップページ | M »

2009年12月28日 (月)

言い立てる

弟子:

今度は、「やっこさん、まるで鬼の首

を取ったかのように、ここぞとばかり、

隣国の悪口を言いたてたんですよ」の

「言い立てる」「論陣を張る」ですが・・・?

先生:

“大做文章 dàzuòwénzhāng”

などと言うな。

“某国外交官发表讲话,

在西藏问题上大做文章,

他更把西藏称为一个国家。”

を訳してご覧。

弟子:

「某国の外交官が、チベット問題に

 ついて、あることないこと言い立て、

 挙句の果ては、チベットを独立国家

 とまで言った。」

先生:

「言い立てる」人と同意見の人は、聞い

ていて、「小気味がいい」だろうな。

「快哉を叫び」たくもなるだろうな。

弟子:

そうですよね。

先生、

「若者は、老人が気持ち良く死ねるよう、

 最後までしっかりと面倒をみるべきだ!」

先生:

「その通り!よくぞ言ってくれた!」

弟子:

「老人は、僻み根性を捨て、若者に

 寛容であるべきだ!」

先生:

「まー、そうかな?」

弟子:

「老人は、偉ぶるな!」

先生:

「どうして?」

弟子:

「老人は、おいしいものは、若者に

 譲るべきだ!」

先生:

「理不尽の極みだ!」

« 鉢合わせする | トップページ | M »

」カテゴリの記事