« 希望の灯がともる | トップページ | 人気がない »

2009年12月23日 (水)

フリマ

弟子:

今度は、「日曜日にフリマに出品するの。

見に来てね」の「フリマ」ですが・・・?

先生:

“跳蚤市场 tiàozaoshìchǎng

と言うよ。

“为什么经营旧货的街头市场

称为‘跳蚤市场?”

を訳してご覧。

弟子:

「中古品を扱う街のマーケットを、

 なぜ、『蚤の市』というのですか?」

先生:

もともとこれは西洋の言葉だろう。

日本語では、「フリマ」、「フリーマーケット」、

「ボロ市」などとも言うな。

こういう感じかな。

flea market     “跳蚤市场  フリマ(フリーマーケット)

free market     “自由市场”  フリーマーケット

弟子:

日本語では、”l” と ”r”  の区別がない

のでこういう現象が起きてしまうのですね。

ところで、なぜ、「蚤」なんですか?

なぜ、「シラミ」じゃないのですか?

先生:

君、「シラミ・マーケット」なんかに来る気が

するかい?

弟子:

「蚤」と「シラミ」なんて、「五十歩百歩」ですよ。

先生:

いや、「一歩千歩」じゃよ。

弟子:

????

                   

« 希望の灯がともる | トップページ | 人気がない »

」カテゴリの記事