« 祭り上げる | トップページ | ほっといてくれ! »

2009年12月23日 (水)

火中に栗を拾う

弟子:

今度は、「我が社に、そういった火中

に栗を拾うような行為を行う余裕はな

いな」の「火中に栗を拾う」ですが・・・?

先生:

“铤而走险 tǐng’érzǒuxiǎn”

などと言うな。

“专家说:走私粮食可以

  获得暴利,不少人愿意

为之铤而走险。”

を訳してご覧。

弟子:

「専門家によれば、食糧の密輸は暴利が

 得られるので、敢えて危険をおかそうと

 いう者が後を絶たない。」

先生:

「密輸」ってものは、見つからなければ、

儲かるものらしいな。

だが、わしにも、「火栗学」のことは、さっ

ぱり分からんよ。

弟子:

?????????

« 祭り上げる | トップページ | ほっといてくれ! »

」カテゴリの記事