« 注力する | トップページ | 口実を設けて »

2009年12月29日 (火)

跡形もなくなる

弟子:

今度は、「後1500万年もすると、人類が存在

したという痕跡すら、跡形もなくなってしまうの

だろうか?」の「跡形もなくなる」「消えてなくな

る」ですが・・・?

先生:

“消失 xiāoshī

“灰飞烟灭 huīfēiyānmiè

“不复存在 bùfùcúnzài

“化为乌有 huàwéiwūyǒu

“一扫而光 yīsǎo’érguāng”

などと言うな。

“太阳能行业的冰火两重天

将不复存在。”

を訳してご覧。

弟子:

「太陽エネルギー業界内の二極分化状態

 は、やがてなくなるだろう。」

先生:

どういうことかな?

弟子:

「出題者」が、そんな質問をしないで

 くださいよ。

多分、同じ「太陽エネルギー」業界内でも、

煮えたぎっている分野と、閑古鳥が鳴いて

いる分野があるのではありませんか?

先生:

「煮えたぎる」?

「閑古鳥」?

« 注力する | トップページ | 口実を設けて »

」カテゴリの記事