« びっしり | トップページ | 急いては事をし損ずる »

2009年12月 5日 (土)

目に飛び込んで来る

弟子:

今度は、「その本を開けるや否や、

『二階の女に気がある』という文字が

目に飛び込んで来た」の「目に飛び込

んで来る」ですが・・・?

先生:

“赫然入目 hèránrùmù

“突然映入眼里

tūrányìngrùyǎnli”

などと言うな。

“走进农场,‘一言一行,

常思百姓冷暖

的巨幅廉政广告赫然入目。”

を訳してご覧。

弟子:

「農場に足を踏み入れるや否や、

 目に飛び込んで来たのは、大きな

 字で書かれた『常に、皆の暮らしを

 豊かにするためにのみ行動せよ』

 という清廉な政治を標榜したスロー

 ガンであった。」

先生:

ところで、

「二階の女に気がある」

って、何ていう「字」?

弟子:

「櫻」

先生:

コラ!

人をおちょくるな!

« びっしり | トップページ | 急いては事をし損ずる »

」カテゴリの記事