« 一味違う | トップページ | 跡形もなくなる »

2009年12月29日 (火)

注力する

弟子:

今度は、「株主の皆様のご期待に添う

べく、目下新分野の開拓に注力してお

る最中であります」の「注力する」です

が・・・?

先生:

“致力于···

zhìlìyú···

“将精力倾注于···

jiāngjīnglìqīngzhùyú···”

などと言うな。

“敝公司在努力提高环保意识

的同时,致力于减少环境负荷。

を訳してご覧。

弟子:

「弊社は、エコ意識を高めると同時に、

 環境負荷の影響をミニマイズするこ

 とに注力中であります。」

先生:

結構なことじゃ。

じゃが、「CO2」を地下に閉じ込めるという

やり方は、「姑息」なやり方だと思うが、いか

がなものかな?

弟子:

後世の人類が、今度は、その地下の

「CO2」を活かす方法を見出すことに

なるのではないでしょうか?

先生:

君、それは、「子供は育てるのではなく、

自然に育つ」という考え方と同じで、ちと

「無責任」に過ぎないか?

弟子:

う~~~ん、どちらも、やってみなければ

分かりませんよね?

先生:

だから、「やっても良い」ということには、

ならんぜよ。

弟子:

分かりました。

この問題の解決に、私なりに、「注力して」

みます。

先生:

どうやら、この言葉は、「ただ言ってみるだけ」

のためにあるような気がして来たな。

« 一味違う | トップページ | 跡形もなくなる »

」カテゴリの記事