« そもそもの間違いは・・・にある | トップページ | 人の蔭口をたたいて事を荒立てる »

2009年12月22日 (火)

すれ違う

弟子:

今度は、「相手が、すれ違いざまに抜いた

刀が、胸元にぐさりと突き刺さった」の「す

れ違う」「通り過ぎる」「肩が触れ合う」です

が・・?

先生:

“擦肩走过 cājiānzǒuguò”

“擦肩而过 cājiān’érguò”

“迎面走过 yíngmiànzǒuguò”

“从···身边走过

cóng···shēnbiānzǒuguò

などと言うな。

“果然,不久他就从我身边走过,

并没有注意到我的存在。”

を訳してご覧。

弟子:

「果せるかな、しばらくして、奴は脇を

 通り過ぎたのに、私に気がつかな

 かった。」

先生:

相手は、単に、「近眼」だっただけじゃ

ないのか?

弟子:

違いますよ。

先生:

じゃー、どうして?

弟子:

私が、「透明人間」だったからですよ。

先生:

あっ、それは、わしの小説の一節じゃない

か。

弟子:

バレたか。

« そもそもの間違いは・・・にある | トップページ | 人の蔭口をたたいて事を荒立てる »

」カテゴリの記事