« 偉そうにする | トップページ | もうこんなに遅い時間だ »

2009年12月18日 (金)

気色ばむ

弟子:

今度は、「あの普段は温厚な監督が気色

ばむとは、よほど審判の判定が常識はず

れのものだったんだろうな」の「気色ばむ」

「怒りを露わにする」「怒る」ですが・・・?

先生:

“作色 zuòsè

“变脸 biànsè”

“翻脸 fānliǎn”

“愤然作色 fènránzuòsè”

“脸露怒色 liǎnlùnùsè”

“面露怒色 miànlùnùsè

などと言うな。

“有人笑出声来,有人一脸鄙夷,

有人面露怒色,有人摇头叹气。”

を訳してご覧。

弟子:

「ある者は笑い声をあげ、ある者はバカにし、

 ある者は怒りを露わにし、ある者は首を振

 って溜息をついた。」

先生:

どういう場面?

弟子:

落語家が、高座で、うん・・・。

先生:

あー、わかった、「生理現象」だよな。

君が観客なら、どうする?

弟子:

「消臭剤を!」

と叫びます。

先生:

わしなら、

「落ちはまだ早い!」

と叫ぶな。

弟子:

?????????

« 偉そうにする | トップページ | もうこんなに遅い時間だ »

」カテゴリの記事