« 初めからやり直す | トップページ | いきなり本題に入る »

2009年11月17日 (火)

ドラマチックに

弟子:

今度は、「いやー、この小説家の作風が

これほどドラマチックに変化するとは、ま

るで別人みたいだよ」の「ドラマチックに」

「ドラスティックに」「急激に」ですが・・・?

先生:

“戏剧性地 xìjùxìngde

などと言うな。

“此次他也戏剧性地

放松了设计轮廓,

着力表现空气曼妙的浮动感。

を訳してご覧。

弟子:

「今回、彼は、設計思想の枠をドラスティック

 に取り外し、しなやかな躍動感を醸し出す

 ことに力点を置いた。」

先生:

デザイナーというのは、自分のデザインに

「枠」など設けるものかな?

弟子:

そりゃー、自分を主張するためには、自分の

「持ち味」を出さなければ、人と区別がつかな

いでしょう。

先生:

すると、このデザイナー先生は、今回は、

他人の領域を犯したってことにならないか

い?

弟子:

なりますね。

これまで、彼は、「ゴテゴテ、ゴチゴチ、ギザギザ、

ギトギト、グジャグジャ、グシャグシャ」が売り物

でしたですからね。

先生:

そうか、設計範囲を「ガ行」から「「サ行」へと

広げたって訳か。

弟子:

???????????

« 初めからやり直す | トップページ | いきなり本題に入る »

」カテゴリの記事