« 出くわす | トップページ | 牛馬のように »

2009年10月18日 (日)

ほどほどにしておく

弟子:

今度は、「お前、あっちの方は、ほどほどにして

おかないと、早死にするよ。お父さんのように」

の「ほどほどにしておく」「適量に抑える」「過度に

ならないようにする」ですが・・・?

先生:

“适可而止 shìkěérzhǐ”

などと言うな。

“医生提醒大家,

吃榴梿一定要适可而止,

因为它含糖量太大,

一次最多吃一个拳头

大小的就足够了。”

を訳してご覧。

弟子:

「ドリアンは食べ過ぎずほどほどにして

 おかないといけないと医者は注意を

 呼びかけている。理由は、糖分が多い

 ためで、一回に食べる量は、せいぜい

 こぶし大一個にしろと言う。」

先生:

「ドリアン」というのかね、日本語は?

芸がないな。

弟子:

どうしてですか?

先生:

中国語の方は、

“流连”

から来ているんだよ。

弟子:

「あまりおいしいので、立ち去り難い」と

いう意味ですか?

先生:

その通り!

弟子:

冗談でしょ、あんなものが、うまいなんて。

やたらと「臭い」上に、「まずい石鹸」の味

そのものですよ。

先生:

???????????

« 出くわす | トップページ | 牛馬のように »

」カテゴリの記事