« 気がもめる | トップページ | 生まれ変わったら »

2009年10月 2日 (金)

粗雑だ

弟子:

こんどは、「この仕事、あいつに任せて大

丈夫かな?粗雑の見本みたいな男だから

な」の「粗雑だ」「雑だ」「あらっぽい」ですが・・・?

先生:

“粗拉 cūla

“粗拉拉的 cūlālāde

“粗粗啦啦的 cūcūlālāde”

などと言うな。

“如果说粗粗拉拉在工作中是毛病,

在家庭生活方面,却并不算是毛病,

也许还是一种优点。

を訳してご覧。

弟子:

「仕事においては、粗雑であるということは

 欠点かもしれないが、家庭生活において

 は、必ずしもそうではなく、もしかしたら

 いいことかも知れないよ。」

先生:

まさかー?

家庭生活において最も重要なことは、

何事も手を抜かないということのはず

じゃが。

弟子:

例えば?

先生:

「お味噌汁」のお椀は、両手に捧げて持つ

・・・。

弟子:

それですよ。

それだから、息が詰まるんですよ。

先生:

じゃー、どうせよと言うんだい?

弟子:

「ほい!」と投げる。

先生:

「あいよ!」と受ける。

おまえんちは、「アルディ」の家庭以下じゃな。

弟子:

???????????

« 気がもめる | トップページ | 生まれ変わったら »

」カテゴリの記事