« 木を見て森を見ず | トップページ | 平常心を保つ »

2009年10月31日 (土)

ここに来てしまったからには、腰を据えてかかれ

弟子:

今度は、「お前、何を怠けている!勉強せい。

ここに来てしまったからには、腰を据えてかか

れ。いいな」の「ここに来てしまったからには、

腰を据えてかかれ」ですが・・・?

先生:

“既来之,则安之

jìláizhī,zéānzhī”

などと言うな。

“他鼓励我:既来之,则安之。

来一趟日本多不易啊,

一定坚持下来。

を訳してご覧。

弟子:

「彼は私をこう励ました。『日本に

 来るのは容易じゃない。だから、

 ここに来たからには手柄を立て

 ずば帰るまいの気持ちで、がん

 ばりなさいよ。』」

先生:

昔中国大陸に渡った日本の留学僧の

姿が思い浮かぶな。

彼らは、こういう励ましを受けたんだろ

うな。

弟子:

この言葉、

「まあ、せっかく来たんだから、ゆっくりして

いってくださいよ。」

という場合にも使われるみたいですね。

先生:

そうじゃが、我が塾においては、そういう

甘い意味合いは失われていると思った

方がいいぞ。

弟子:

はい、分かりました。

「ふんどし」を締め直して、がんばります!

« 木を見て森を見ず | トップページ | 平常心を保つ »

」カテゴリの記事