« のろのろと | トップページ | 生きた心地もしない »

2009年10月 1日 (木)

どうにも気がおさまらない

弟子:

今度は、「自転車を盗まれたのは、

運が悪かっただけだよと言われた

けど、どうにも気がおさまらないよ」

の「どうにも気がおさまらない」です

が・・・?

先生:

“咽不下这口气

yānbuxiàzhèkǒuqì

などと言うな。

“他咽不下这口气,

满腔的愤怒让他失去理智。

于是,他深夜潜入仇人家中。

を訳してご覧。

弟子:

「かれはどうにも気がおさまらず、余りにも

 カッカと来たので、理性を失ってしまい、

 深夜に、相手の家に忍び込んだ。」

先生:

こういう時、君なら、どうする?

弟子:

食べます。

食べまくります。

先生:

やはり、B・・・・、いや・・・。

弟子:

先生なら、どうやって気を鎮めますか?

先生:

心の中で、

「金持ちケンカせず」を100回繰り返して

言うな。

弟子:

「金持ち・・・」?

なーんだ、マージャンで振り込んだ時の

「自己救済」法ですね。

中国の知識人も、案外単純ですね。

先生:

他に、どんな方法があるって言うんだい???

« のろのろと | トップページ | 生きた心地もしない »

」カテゴリの記事