« ほどほどにしておく | トップページ | 報道規制 »

2009年10月18日 (日)

牛馬のように

弟子:

今度は、「農民たちは、牛馬のように働かされ

たが、愚痴一つ言わなかった」の「牛馬のよう

に」「手にはたこ、足にはまめで」「大変苦労し

て」ですが・・・?

先生:

“胼手胝足 piánshǒuzhīzú”

などと言うな。

盐民们只能世世代代

蓬头垢面、胼手胝足,

  所产食盐要全部交公,

  而其所得仅仅维持活命。

を訳してご覧。

弟子:

「塩田民は、何代にもわたり、泥まみれになり、

 牛馬の如く働くも、食塩はすべて国家に上納

 しなければならず、収入はかつかつの生活が

 出来る程度のものであった。」

先生:

「民衆」の歴史は、まさに「労役」の歴史じゃ

な。

ところで、君には、農作業の経験があるのか

い?

弟子:

ありますよ。

昔は、「結い」というものがありまして、よく兄や

姉と一緒に両親の代わりに、労力を提供しに、

親戚や隣近所の田んぼに出かけたもんですよ。

先生:

「ゆい」?

「由比正雪」?

« ほどほどにしておく | トップページ | 報道規制 »

」カテゴリの記事