« 窮地に陥る | トップページ | いずれ分かるよ »

2009年9月10日 (木)

話し合いの余地はない

弟子:

今度は、「悪いけど、その件だったら、話すだけ

無駄だよ。もう話し合いの余地はないよ」の「話

し合いの余地はない」ですが・・・?

先生:

“没得商量 méideshāngliang”

などと言うな。

A:“豚鼠的事,不知道,咱门能否再商量?”

B:“没得商量!

を訳してご覧。

弟子:

A:「ブタネズミの件、もう一度話し合いさせて

  いただけませんか?」

B:「無理無理!」

先生:

「ブタネズミ」?

弟子:

ちょっと、お待ちを。

辞書を引いてみます。

あー、「モルモット」のことなんですね。

« 窮地に陥る | トップページ | いずれ分かるよ »

」カテゴリの記事