« 苦しい胸の内をぶちまける | トップページ | へこたれない »

2009年9月 6日 (日)

狭いながらも楽しい我が家

弟子:

今度は、「狭いながらも、やはり我が家が一番だな。

落ち着くな」の「狭いながらも楽しい我が家」「やはり

我が家が一番」ですが・・・?

先生:

「埴生の宿」じゃな。

弟子:

?????

「埴輪」??

先生:

「みすぼらしい家」っていう意味だよ。

日本語だよ。

歌にもあるだろうが。

それは、ともかく、

“金屋银屋不如自己的茅草屋。

jīnwūyínwūbùrúzìjǐdemáocǎowū。

と言うな。

弟子:

でも、自宅が「ベルサイユ宮殿」とか、「大観園」の

ような豪邸だったら、どうします?

先生:

家の一角を区切って、

“茅草屋

にすれば、いいじゃないか?

弟子:

??????????

« 苦しい胸の内をぶちまける | トップページ | へこたれない »

」カテゴリの記事