« 誠に申し訳けございませんが | トップページ | 待ちに待った »

2009年9月18日 (金)

一歩譲って言ったとしても

弟子:

今度は、「よしんば一歩譲って言ったとしても、

特定の宗教を普遍的な宗教として押しつける

というのは、感心しないな」の「一歩譲って言っ

たとしても」「一歩譲ったとしても」ですが・・・?

先生:

“退一步讲 tuìyībùjiǎng”

などと言うな。

“再退一步讲,如果再考一次,

他还是考不上,怎么办?

を訳してご覧。

弟子:

「じゃあ、更に一歩譲って、再度受験したとして、

 それでも受からなかったら、どうするよ?」

先生:

この言葉を使う時には、本当に譲ってはいない

ケースが多いな。

君、しのごの言わず、思い切り譲ってみてくれ。

「絶対、この宗教の方が優れていると思うが、

 どうじゃ?」

弟子:

「はい、絶対にそうです。」

先生:

「そうか。

 では、お茶は『緑茶』しか飲んではならんぞ。」

弟子:

「エーッ・・・・???

 ハイ、承知しました。」

先生:

「君、そこの、お茶を飲んでいいよ。」

弟子:

「ハイ。

おっとっとっと、アブナイ、アブナイ!!

あれは、『よくいにん茶』だ。」

 

 

« 誠に申し訳けございませんが | トップページ | 待ちに待った »

」カテゴリの記事