« 何をたくらんでいるか分かったものじゃない | トップページ | 狭いながらも楽しい我が家 »

2009年9月 5日 (土)

苦しい胸の内をぶちまける

弟子:

今度は、「さー、飲みなさい。そして、苦しい胸

の内をぶちまけてしまいなさい」の「苦しい胸の

内をぶちまける」「苦しい気持ちをぶちまける」

ですが・・・?

先生:

“把苦衷全倒出来 

bǎkǔzhōngquándàochūlái

“把苦水都倒出来

bǎkǔshuǐdōudàochūlái

などと言うな。

君も遠慮せずに、苦しいことがあったら、すべて

ぶちまけてしまいなさいよ。

弟子:

先生のその分厚い胸に向かって、バケツの

水をぶっかけるように、ぶちまけてよろしい

ですか?

先生:

ちょっと、待て!

はい、いいよ。

弟子:

「なんで、どうして、なぜ、何の因果で、私は

 生まれて来てしまったのでしょうか?」

先生:

そりゃー、わしのせいじゃないよ!

« 何をたくらんでいるか分かったものじゃない | トップページ | 狭いながらも楽しい我が家 »

」カテゴリの記事