« 一歩譲って言ったとしても | トップページ | 現実のものとなりつつある »

2009年9月19日 (土)

待ちに待った

弟子:

今度は、「待ちに待ったタイムカプセルを

オープンする日が到来しました。500年

前の小学生達は、一体どういうメッセージ

を残してくれたんだろうか?」の「待ちに

待った」「悲願の」ですが・・・?

先生:

「500年」?

“盼望已久 pànwàngyǐjiǔ

などと言うな。

“学校建立了孩子们盼望已久的图书室。

を訳してご覧。

弟子:

「子供達が待ちに待った図書室を、学校は建てた。」

先生:

「タイムカプセル」じゃが、500年となると、後世の

人達は読めるかな?

弟子:

どうでしょう?

500年後ともなると、言葉は、大きく変わって

いるでしょうね。

例えば、

「私の夢は、落語家になることです。」

が、

「M  meng = RKGK。」

先生:

????????????????

« 一歩譲って言ったとしても | トップページ | 現実のものとなりつつある »

」カテゴリの記事