« お忙しいでしょうから・・・ | トップページ | 幾重にも取り巻いて »

2009年9月 9日 (水)

いかなる犠牲を払っても

弟子:

今度は、「いかなる犠牲を払ってでも、我が父

の仇を討ってみせるぞ」の「いかなる犠牲を払

っても」「どんなことをしてでも」ですが・・・?

先生:

穏やかな話じゃないな。

“不惜一切代价

bùxīyīqièdàijià”

などと言うがな。

“他声称将不惜一切代价夺取冠军。

を訳してみてご覧。

弟子:

「彼は、どんなことをしてでも、チャンピオンになって

 みせると宣言した。」

先生:

できれば、「卑怯な手」は、使わないで欲しいな。

« お忙しいでしょうから・・・ | トップページ | 幾重にも取り巻いて »

」カテゴリの記事