« どんなことがあっても・・・しない | トップページ | 公正な裁きを受ける »

2009年9月25日 (金)

焼き捨てる

弟子:

今度は、「お前あんなに大事にしていた思

い出の品を焼き捨ててしまったのかい?」

の「焼き捨てる」ですが・・・?

先生:

“烧掉 shāodiào”

“烧毁 shāohuǐ

“付之一炬 fùzhīyījù”

などと言うな。

“随着熊熊燃烧的烈火,一批近期缴获

的名画赝品被付之一炬。”

を訳してご覧。

弟子:

「ボーボーと燃える炎と共に、最近捕獲した

 名画の偽物が一挙に焼き捨てられた。」

先生:

思い出の品を焼き捨てるのは、寂しいもの

だよな。

弟子:

そうですね。

先生は、今までに、どのようなものを焼き捨

てられました?

先生:

そうだな、最初にもらったラブレター、中学校

の成績表、・・・・、5万円のシャク・・、

おっととっと、シャクナゲ。

弟子:

5万円?

シャク・・?

先生:

さー、お昼だ、行こう。

「シャクジ」だ。

弟子:

「5万円の借用書」?

あーっ、先生、それ私からのでしょう?

お金返して下さいよ。

先生:

しまった。

万事休すだ。

« どんなことがあっても・・・しない | トップページ | 公正な裁きを受ける »

」カテゴリの記事