« むさぼるように | トップページ | 心をよぎる »

2009年8月 3日 (月)

頭をよぎる

弟子:

今度は、「その絵を見た時、ふっと私の頭を

彼女の姿がよぎった」の「頭をよぎる」「頭に

浮かぶ」「思い出す」ですが・・・?

先生:

“脑子里闪过 nǎozilishǎnguò”

“浮现在脑海里 fúxiànzàinǎhǎili”

などと言うよ。

ところで、どの絵を見て、誰を思い出したというのか

ね?

弟子:

はい、「織機の絵」を見て、「織姫」のお姿がちらつ

いたんですよ。

先生:

で、「織姫」は、どんな女性かな?

弟子:

そりゃー、もう、美人で、化粧がうまくて、料理も

上手で、もちろん、機織りもプロ級で。

先生:

で、何で彼女と「夏彦」は引き離されてしまったの

だったかな?

弟子:

機を織っているところを覗き見たからですよ。

自分の羽で機を織っていたのを。

先生:

???????

コラ!

勝手に、日本の民話とまぜこぜにするな!!

« むさぼるように | トップページ | 心をよぎる »

」カテゴリの記事