« 気を回す | トップページ | よくもまあ »

2009年8月28日 (金)

よろよろ

弟子:

今度は、「君のおじさん、大丈夫かね、一人で

行かせて。よろよろしているぜ」の「よろよろ」、

「よたよた」ですが・・・?

先生:

“摇摆 yáobǎi”

“摇摇晃晃 yáoyáohuànghuàng

“跌跌撞撞 diēdiēzhuàngzhuàng

“蹒跚而行 pánshān'érxíng”

などと言うよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

“蹒跚 pánshān

『中日大辞典』  ひょろひょろ歩く

『中日辞典』    よろよろと歩くさま、ふらつくさま

『中国語辞典』  (足腰が不自由なため)

           ふらふら歩く、

           ふらつく、ひょろひょろする

先生:

日本語の「ひょろひょろ」歩くは、余り聞いた

ことがないな。

今でも、使うのかい?

弟子:

そうですね、確かに、使われなくなって来て

いますね。

“蹒跚

の方は、まず、日本人には意味も分からない

し、音も想像がつかない漢字の組み合わせで

すね。

先生:

確かにな。

弟子:

筆談は無理だと思います。

やってみましょう。

日本人:老人、何故、歩、遅?

中国人:蹒跚

日本人:???

中国人:摇摇晃晃

日本人:???

           如亀

中国人:????

先生:

???????????

« 気を回す | トップページ | よくもまあ »

」カテゴリの記事