« 矢面に立たされる | トップページ | 一気に下がる »

2009年8月19日 (水)

気をつける

弟子:

今度は、「ロッククライミングなんてやらないに

越したことはないけど、どうしても体育の単位上

必要なら仕方ないね。ただ、くれぐれも、気をつ

けなさいよ」の「気をつける」ですが・・・?

先生:

“小心 xiǎoxīn”

“留神 liúshén

“注意 zhùyì

などと言うよ。

弟子:

危険が伴うスポーツやゲームに敢えて挑戦

するというのは、「自分は大丈夫だ」と信じて

いるからでしょうか?

先生:

そういう人ばかりでは、ないだろうよ。

「自分ももしかしたら・・・」って思いながら、

やっている人もいるんじゃないかな?

弟子:

私なら、「君子あやうきに近寄らず」、危ない

橋は渡りませんね。

「畳」の上で生まれ、「畳」の上で死にたいですから。

先生:

まてよ、君の家、「畳」あったかな?

弟子:

ありません。

先生:

だったら、構わないじゃないか。

さー、登れ、登れ、「アイガーの北壁」を。

弟子:

??????????

« 矢面に立たされる | トップページ | 一気に下がる »

」カテゴリの記事