« お邪魔虫 | トップページ | ミスは許されない »

2009年8月23日 (日)

気を紛らす

弟子:

今度は、「私はこの年になってしまったので、

気を紛らわすことがなくなってしまい、仕方

ないのでtwitterをやっています」の「気を

紛らす」ですが・・・?

先生:

“消愁 xiāochóu”

“解闷 jiěmèn”

“散散心 sànsànxīn

などと言うな。

弟子:

先生は、100歳以降、やることがなくなった時、

どうやって気を紛らせたのですか?

先生:

「プルースト」の「失われし時を求めて」を読ん

だよ。

弟子:

面白かったですか?

先生:

いや、「暇つぶし」だから、何も感じなかった

よ。

弟子:

それでは原作者に失礼ではないでしょうか?

先生:

異な事を言うな。

君は、わしが野辺に咲く花を見て、「あー、退屈

だ」と私がつぶやいたら、わしが「花」に失礼だ

とでも言うのかい?

弟子:

もちろん、大変失礼ですよ。

「花」は、誠心誠意、先生のために咲いている

んですよ。

先生:

??????

では、「プルースト」は、わしのために・・・。

そうだったのか。

早速、「ブックオフ」に行って、買い戻して

来よう。

« お邪魔虫 | トップページ | ミスは許されない »

」カテゴリの記事