« 冷や飯を食う | トップページ | 気を落ち着かせる »

2009年8月13日 (木)

無味乾燥

弟子:

今度は、「役所の文書だから仕方ないけれど、

まるで砂を噛むように、無味乾燥な文章の寄

せ集めだね」の「無味乾燥」ですが・・・?

先生:

「砂を噛む」って、噛んだことあるの?

結構、いけるぜよ。

弟子:

それは、汚染された砂浜の砂の場合ですよ。

先生:

“干巴巴的 gānbābāde”

“干燥无味 gānzàowúwèi

などと言うよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

“干巴巴 gānbābā

 『中日大辞典』    ①水気がなくかさかさと、

             こちこちに干からびた

            ②そっけなく、

              手持ぶさたな

            ③無味乾燥である、

             単調である、

             無趣味である 

 『中日辞典』   ①乾ききった、かさかさした、

             ひからびた

            ②(文章などが)無味乾燥である、 

             味がない

 『中国語辞典』  ①(乾燥して)ひどく干からびている、

             からからである、かちんかちんである

           ②(顔・肢体に肉づきがなく)やせこけている

           ③(言語・文章などが)味けがない、

             無味乾燥である

 『50+630』  なし

先生:

では、君の基準によれば、次のどちらが、より「無味乾燥」

かな?

 A:その土地は、塩分が濃く、なおかつ、からからに

   乾いていた。

 B:その土地は、無臭無味で、なおかつ、昨夜の雨で

   ぬかっていた。

弟子:

A:塩味乾燥

B:無味湿潤

う~~~~~~ん、止めてください、このような

「無味乾燥」なクイズは。

先生:

そう ??

« 冷や飯を食う | トップページ | 気を落ち着かせる »

」カテゴリの記事