« 走馬灯のように思い出す | トップページ | いとも簡単に »

2009年8月25日 (火)

けばけばしい服装

弟子:

今度は、「あの子は目立ちたがり屋なのか、

いつもけばけばしい服装をしているね」の

「けばけばしい服装」「けばけばしい身なり」

「着ているものがけばけばしい」「妙にけば

い」ですが・・・?

先生:

“扎眼 zhāyǎn”

“刺眼 cìyǎn

“穿衣服花哨

chuānyīfuhuāshao”

“穿得花花绿绿的

chuāndehuāhuālǜlǜde”

“打扮得花枝招展

dǎbàndehuāzhīzhāozhǎn

“穿得太显眼

chuāndetàixiǎnyǎn

などと言うよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

“花枝招展 huāzhīzhāozhǎn

『中日大辞典』  花をつけた枝が風にそよいで

           きれいなさま

           <喩>婦人が美しく着飾ったさま

『中日辞典』    <成>はでな着飾りが人目を引く、

                女性のはなやかな装いを

                形容する、

『中国語辞典』   <成>(花をつけた枝が風を受け

                 揺れ動いて美しい→)

                 女性が着飾ってあでやか

                 である   

『50+630』    なし

先生、この四字熟語は、悪い意味が感じられませんね。

日本女性の「和服」の「あでやかさ」などを形容している

んですね。

先生:

そうだな。

「桜の花」や「牡丹の花」が、咲き誇っている感じかな。

弟子:

ところで、最近は、男も、結構、「けばけばしい」

格好をしていますよね。

先生:

あー、「婚活」のためだろうよ。

弟子:

???

« 走馬灯のように思い出す | トップページ | いとも簡単に »

」カテゴリの記事