« 窮地に陥る | トップページ | こわもての »

2009年7月31日 (金)

窮地に追い込む

弟子:

今度は、「あの国を窮地に追いやるのは簡単さ。

太るだけ太らせて、それからバサッとやればい

いだけさ」の「窮地に追いやる」「窮地に追い込

む」ですが・・・?

先生:

“把···推向绝境

bǎ···tuīxiàngjuéjìng

と言えば、いいよ。

弟子:

なるほど。

でも、問題は、どうやって「太らせる」かですよね?

先生:

そんなの簡単、簡単、「食糧援助」をすればいいのさ。

お米やうどんやそうめんやソバやもやしやトマトや

ながいもやジャガイモやホウレンソウや豚肉や

しいたけや鶏卵やしば漬けやゴーヤやゴマや

トコロテンやカンテンパパや黒ウーロン茶や鮭

やハンバーガーやちくわや昆布や・・・・。

弟子:

先生、止めてください!

もう、「腹いっぱい!」です。

先生:

そうしておいて、いきなり、援助を打ち切るのさ。

そうすれば、「低血糖」に陥り・・・。

弟子:

先生、どこからそのような「腹黒い」お考えが湧き

出て来るのでしょうか?

先生:

どこかの大国の高官が考えそうなことを考えたま

でじゃよ。

弟子:

????????????

« 窮地に陥る | トップページ | こわもての »

」カテゴリの記事