« 奇抜 | トップページ | 強含み »

2009年7月 7日 (火)

弱含み

弟子:

「今、日本円が、弱含みなんですよね」の「弱含み」

「軟調気味」ですが、どう言いますか?

先生:

“熊市 xióngshì

“疲软 píruǎn

“看跌 kàndiē

などと言うよ。

弟子:

外国為替の動向を予測するのは、非常に難しい

ですね。

先生:

そりゃー、影響を与える因子が、余りにも多いから

だよ。

物事を単純化するために、まずは、私と君の二人

だけで、日本円と米ドルの交換をやってみようじゃ

ないか。

弟子:

いいですよ。

では、ここに100万円ありますが、いくらで買って

いただけますか?

先生:

1ドルで、どうかな?

弟子:

1ドル?

御冗談を!

先生:

では、明日の午前10時に、もし雨が降っているにも

かかわらずお日様が出ていたら、1000ドルを、君に、

100円で売ろうじゃないか?

どうだい?

弟子:

いいですよ。

でも、もし、その時、風が秒速3メートル以上であったら、

明後日の夜8時に、820ドルを・・・・。

先生:

あー、複雑怪奇!

やはり、「神の手」にゆだねるのが、分かりやすくて

いいな。

« 奇抜 | トップページ | 強含み »

」カテゴリの記事