« 次々に | トップページ | 忌み嫌う »

2009年7月26日 (日)

陽動作戦

弟子:

今度は、「敵を欺くために、わざと正面を衝くと

見せて、側面を衝く」の「あちらと見せかけこち

ら」「陽動作戦」ですが・・・?

先生:

あー、

“佯动 yángdòng”

“声东击西 shēngdōngjīxī

などという言葉があるな。

弟子:

ちょっと、失礼。

“声东击西 shēngdōngjīxī

 『中日大辞典』  <成>口では東を撃つように言って、

                西を撃つ、奇計で虚を衝く

 『中日辞典』    <成>東を討つと見せかけて西を討つ、

                敵は本能寺にあり

 『中国語辞典』   <成>(口では東を撃つと言いながら

                 実際には西を攻撃する→)

                 奇計で虚を突く

 『50+630』   なし

先生:

この世の中は、「奇計」「奇策」に満ち満ちて

いるな。

そう思わないかい?

弟子:

いえ、「愚計」「稚拙な計略」「普通の計略」の

方が多いと思います。

本物の「奇計」は、ごく稀ですよ。

先生:

そうかな?

ところで、今日、わしをこんなにゴージャスな

レストランに招いてくれたのは、なぜかね?

弟子:

いえ、別に、他意はございません。

「良い景色を楽しんでいただくためです。」

先生:

「景色」?

弟子:

もちろん、「飲み物は」も楽しんでいただけます。

「飲み物」は、私のおごりです。

先生:

となると、料理は、わしのおごり?!

帰ろうっと!!!!!

« 次々に | トップページ | 忌み嫌う »

」カテゴリの記事