« 仲違いをたくらむ | トップページ | 真っ黒 »

2009年7月12日 (日)

ザーザー

弟子:

今度は、「この渓流のザーザーと流れる音は、本当に、

山道を歩いて来た者の耳に心地よいですね」の「ザー

ザーと流れる」ですが・・・?

先生:

奥多摩かな?

奥武蔵かな?

弟子:

日本全国、いたるところにありますよ。

で、中国語で、「ザーザーと」流れるは、どう言いますか?

先生:

“汩汩 gǔgǔ”

“汩汩地 gǔgǔde

“哗啦啦 huālālā”

“哗啦哗啦 huālāhuālā

“哗啦哗啦地 huālāhuālāde

などと言うな。

弟子:

“汩汩地流”

“哗啦哗啦地流”

と言える訳ですね。

でも、かなり音が違いますよね。

先生:

日本語だって、「ザーザーと流れる」と、「さらさらと流れる」

のように、かなり違うよな。

弟子:

確かに。

「擬音語」は、奥が深いですね。

先生:

奥が深いと言えば、「下痢」、「腹下し」の音も、

“大便哗啦哗啦地拉出来”

などと表現するんじゃよ。

日本語に訳してご覧。

弟子:

いやです。

今、まさに、真っ最中なんですよ。

« 仲違いをたくらむ | トップページ | 真っ黒 »

」カテゴリの記事