« かっとなる | トップページ | 腰まで水に漬かって »

2009年7月30日 (木)

あくを取る

弟子:

今度は、「私、、鍋物のあく取りが趣味なの。

さー、あくを取るわよ」の「あくを取る」ですが

・・・?

先生:

「アク」?

弟子:

「水溶性タンパク質」ですよ。

「灰汁」って書きます。

先生:

あー、あれか。

あれを趣味にするなんて、「アク趣味」だな、

なんちゃって。

だが、「あく」は、取り過ぎちゃダメだよ。

せっかくの栄養と味が無くなっちゃうよ。

“撇沫子 piēmòzi

“撇出浮沫 piēchūfúmò

などと言うかな。

弟子:

ちょっと、失礼。

“撇 piē

 『中日大辞典』  ①捨てる、捨ててかえりみない

            ②置き放しにする、遺留する

                         ③故意に見せびらかす、ひけらかす

            ④液体の表面からすくいあげる

             (泡・油などを)

   『中日辞典』   ①捨て去る、放っておいて顧みない

            ②(液体の表面から)すくい取る

 『中国語辞典』  (液面を軽く)すくう、すくい上げる、

            すくい取る

先生:

「あく」の見当たらない「鍋もの」は、木の葉一枚

落ちていない日本庭園のようなもので、味気ない

な。

弟子:

きっと先生がそうおっしゃるだろうと考え、インスタント

「あく」を買って来ましたよ。

(パラパラ)

先生:

何たる「あく趣味」!!!!!

« かっとなる | トップページ | 腰まで水に漬かって »

」カテゴリの記事