« 人によって物の見方は違うものだ | トップページ | 世をすねる »

2009年7月 5日 (日)

この世を見限る

弟子:

今度は、「何をやってもダメだ。もう、この世を見限るしか

ないな」の「この世を見限る」「浮世を見限る」ですが・・・?

先生:

ピッタリの言葉があるよ。

“看破红尘 kànpòhóngchén

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  浮世を見限る

 『中日辞典』    俗世間を見限る

 『中国語辞典』  <成>浮世に見切りをつける、

                俗世間に愛想を尽かす、

                社会から逃避する

 『50+630』   なし

先生:

「世間を憂しとやさしと思えども、飛び立ちかねつ、

鳥にしあらねば」

という気持ちで生きている人は、どの位いるだろうか?

いや、わしもその一人じゃ。

弟子:

私も、人生の80%位は、そんなムードの中で生きてい

ますよ。

先生:

一方、あえて、この俗世間に踏みとどまって、迷える

我々を救ってくれる「菩薩(イッチャーンチカ)」もいる

んだそうだ。

君は出会ったことがあるかね?

弟子:

はい、あります。

先生:

どんな人だった?

弟子:

「牧人」でしたよ。

先生:

???

« 人によって物の見方は違うものだ | トップページ | 世をすねる »

」カテゴリの記事