« とびぬけて頭が良い | トップページ | 家柄が良い »

2009年7月 2日 (木)

貫禄がある

弟子:

今度は、「ますます院長の貫禄が出てきましたね」の

「貫禄がある」ですが・・・?

先生:

“有···的架势 yǒu···dejiàshi

などと言うな。

弟子:

ちょっと、失礼。

“架势 jiàshi

 『中日大辞典』  形、格好、外見、見栄、しな

 『中日辞典』   <口>姿勢、ポーズ、構え

 『中国語辞典』  ①(・・・しようとする)姿勢、身構え

             ②もったいぶった様子、傲慢な態度、

             偉そうな格好

            ③(事物の変化する)様子、形勢

先生、どうやったら、「貫禄」が付けられるのでしょうか?

先生:

それは、職業や地位によって違うだろう。

例を挙げてごらん。

弟子:

例えば、「脱獄王」。

先生:

そりゃー、「実績」が全てだな。

弟子:

例えば、「画家」。

先生:

そりゃー、「無駄にした絵の具の量」じゃろ。

弟子:

例えば、「教祖様」。

先生:

そりゃー、「オーラの量」。

弟子:

で、その「オーラの量」を増やすには、どうすれば、

良いのでしょうか?

先生:

「貫禄」を付けることじゃよ。

弟子:

?????????????

« とびぬけて頭が良い | トップページ | 家柄が良い »

」カテゴリの記事