« かんしゃくを起こす | トップページ | 融通がきかない »

2009年7月22日 (水)

石にかじりついても

弟子:

今度は、「石にかじりついても、期限までに、

描き上げる所存です」の「石にかじりついても」

「死に物狂い」「必死になってやる」ですが・・・?

先生:

“拼命 pīnmìng

“拼死 pīnsǐ”

“拼死拼活 pīnsǐpīnhuó”

などと言うな。

弟子:

ちょっと、失礼。

“拼死拼活 pīnsǐpīnhuó”

 『中日大辞典』  <喩>死に物狂いになる

 『中日辞典』    <成>命がけでやる

 『中国語辞典』  <成>どんな労苦もいとわず

                一生懸命にやる、

                身を粉にしてやる

 『50+630』   なし

先生:

で、何を描いているんだい?

弟子:

「春画」です。

そうだ、先生、女は描き易いのですが、男が難しい

んですよ。

すみません、ちょっと、そこで、横になっていただけ

ませんか?

先生:

あいよ。

弟子:

先生、右足をもう少し上げてください。

それから、右手は、「智慧の輪」で、お願いします。

先生:

???????????

弟子:

題して、

「『春』の野に出でたる修行僧が横たわる『画』」

なんですよ。

« かんしゃくを起こす | トップページ | 融通がきかない »

」カテゴリの記事