« 最盛期を過ぎる | トップページ | 真っ向から勝負する »

2009年7月 9日 (木)

ギャグ

先生:

君、なにが、そんなに、おかしいの?

弟子:

今の「ギャグ」笑えましたよ。

先生:

どこがおもしろいのか、説明してくれえたまえ。

弟子:

説明できないから、「ギャグ」っていうんですよ、先生。

で、中国語では、どう言いますか?

先生:

そうだな、

“包袱 bāofú”

“噱头 xuétóu

“笑料 xiàoliào

あたりかな。

日本語は、「英語」から来ているみたいだな。

弟子:

なぜ、中国語では、

「ふろしき」=「ギャグ」

なんですか?

先生:

それは、「ギャグのネタ」を「ふろしき」で包んでいる

からだよ。

弟子:

2番目のは、何ですか?

先生:

“噱 xué

は、「笑う」って意味じゃよ。

弟子:

意外と、お詳しいですね。

先生:

私の30代の頃の研究テーマは、「ベルグソン」

だったんだよ。

弟子:

??????????

« 最盛期を過ぎる | トップページ | 真っ向から勝負する »

」カテゴリの記事