« 互い違い | トップページ | 乗り過ごす »

2009年7月11日 (土)

無定見

弟子:

今度は、「支持政党がないなんて、普通選挙を実施して

いる国に住みながら、もったいないぜ。君には、自分の

意見がないのか」の「無定見」「自己主張がない」「付和

雷同」「猿まね」・・・ですが?

先生:

手厳しいな。

“无主见 wúzhǔjiàn

“毫无主见 háowǔzzhǔjiàn

“缺乏主张 quēfázhǔzhāng

“人云亦云 rényúnyìyún

“随声随和 suíshēngsuíhé”

“亦步亦趋 yìbùyìqū”

“依样画葫芦 yīyànghuàhúlu

などと言うな。

弟子:

目移りがしますね。

ちょっと、失礼。

“亦步亦趋 yìbùyìqū”

 『中日大辞典』  <成>人が歩けば歩き、人が走れば

                走る、

                まねて行動する、

                追随する

 『中日辞典』   <成>師匠が歩けば弟子も歩き、師匠が

                走れば、弟子も走る、

                何もかも人に同調して機嫌をとる

                こと

 『中国語辞典』  <成>(人が歩けば、自分も歩き、人が

                 走れば自分も走る→)(しっかり

                 した主張がなく、人の機嫌を取る

                 ために)どんな事も人のまねをし

                 人に追従する

 『50+630』    なし

先生、人は、私が、「無定見」で、「付和雷同」だとそしる

かも知れませんが、そんな声には耳を貸さず、先生の

まねをして、どこまでもついて行きたいと思います。

先生:

こそばゆいことを言ってくれるじゃないか。

だが、いくら付いて来ても、「墓場」までは無理じゃからな。

弟子:

いえ、お墓も、ご一緒にお願いいたします。

先生:

亡妻もいるんだぜよ。

弟子:

構いません。

「川」の字の、真中に、寝させていただきますので。

先生:

結構、自分の意見、持っているじゃないか。

« 互い違い | トップページ | 乗り過ごす »

」カテゴリの記事