« 相乗効果で | トップページ | 如実に物語る »

2009年7月27日 (月)

虚を突かれる

弟子:

今度は、「まさかあの場面でバント攻勢に出て来る

とは夢にも思っていなかったよ。全く虚を突かれて、

慌てたの何のって」の「虚を突かれる」「不意打ちを

食らう」ですが・・・・?

先生:

“猝不及防 cùbùjífáng

などと言うな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  にわかで防ぐいとまがない   

 『中日辞典』    突如やってきて防ぐいとまがない、

            虚をつかれて対応できない

 『中国語辞典』  <成>(事柄が)不意にやって来

                て防ぎようがない

 『50+630』   なし

先生:

人間誰でも虚を突かれると、周章狼狽するよな。

その「慌てぶり」が、その人の個性を表している

ことが多いよな。

弟子:

そうですか?

例えば?

先生:

例えば、昨日、君、電車で、なんであんなに右往

左往していたんだい?

弟子:

あっ、ご覧になっていらっしゃたんですか?

実は、隣に来た3歳位の赤ん坊が、私に向

かって、「パパ、パパ」って呼びかけて来たん

です。

先生:

そんなの良くあることじゃないか。

赤ん坊は、誰彼構わず言うだろうよ。

弟子:

それが、私の隣に、「般若」みたいな顔立ち

の貴婦人が座っていて・・・・。

先生:

なんだ、それもよくあるじゃないか。

君の奥さんだろう?

弟子:

そうなんですが、赤ん坊の母親が、5年前に

別れた前妻で、今の女房も顔見知りで・・・。

先生:

なんだ、それしき。

男らしく、毅然と、「文句あっか!」と・・、

言える訳ないよな。

あー、こわ!!!!!!

« 相乗効果で | トップページ | 如実に物語る »

」カテゴリの記事