« こちらを立てればあちらが立たず | トップページ | しばしの別れは新婚よりも新鮮 »

2009年6月28日 (日)

適度な距離を保つことが長持ちの秘訣

弟子:

先生、次の言葉は、日本語にどう訳せばよいの

でしょうか?

距离产生美 jùlíchǎnshēngměi”

先生:

あー、これか?

わしが、かつて実践していたことじゃよ。

弟子:

実践?

先生:

そうじゃよ。

わしは家内と別居していたんだよ。

弟子:

本当ですか?

仲良さそうに見えましたが・・・。

先生:

「仲良くあり続ける」ために、別居していたんだよ。

まー、お国の「光源氏」の時代に流行ったやつだよ。

弟子:

「光源氏」は、長続きしたのかなー?

それは、ともかく、

「適度な距離を保つことが長持ちの秘訣」

などと訳せそうです。

先生:

いくら相思相愛でも、いつも一緒じゃ、うっとうしくなる

だろうが。

まー、君も、せいぜいがんばってお金をかせいで、

幸せな「別居生活」をすることだな。

弟子:

??????????????

« こちらを立てればあちらが立たず | トップページ | しばしの別れは新婚よりも新鮮 »

」カテゴリの記事