« 愛液 | トップページ | 段階的 »

2009年6月 7日 (日)

かさに着て

弟子:

今度は、「マーケットシェアが断トツであることを、

かさに着て、破格の値下げ攻勢をかける」の

「かさに着て」「・・・を頼んで」ですが・・・?

先生:

あー、

“挟··· xié···

“挟···的地位

xié···dedìwèi”

“挟···,而···

xié···,ér···”

という文型が良くつかわれるよ。

それから、

“挟长挟贵 xiézhǎngxiéguì”

という熟語もあるな。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』  “挟长

            自分が年上であるのをかさに

            着た態度をする

 『中日辞典』    なし

 『中国語辞典』  “不挟长,不挟贵”

            年長であることを鼻にかけず、富貴

            であることを笠に着ない

 『50+630』   なし

「年長であることも、富貴であることも、鼻にかけない」

というのは、なかなかできないことではないでしょうか?

先生:

そうじゃよ。

わしなんかも、まさに、その修業を、毎日行っているん

じゃが、なかなか・・・。

弟子:

それは、「若い者」が、だらしないからでしょう。

先生:

そうなんじゃ。

最近の「若い者」ときたら、年長者の言うことを、

「馬耳東風」と聞き流しているばかりで、まったく、

性根を入れ替えてやらねば・・・。

弟子:

そういう風に、どうしても、「年長風」を吹かせて

しまうのですね。

でも、先生より、年上の人は、地球上に、数人しかいない

のですから、仕方ないですよ。

先生:

その代り、「富貴」の方は、さっぱりじゃよ。

6,700,000,000番目位かな、

わしは?

弟子:

???

« 愛液 | トップページ | 段階的 »

」カテゴリの記事