« ~レベルにおいては | トップページ | 困難に直面してはじめて真の実力が分かるものだ »

2009年6月12日 (金)

切望する

弟子:

先生、今度は、「私は、地上から、核兵器が廃絶

されることを切望しています」の「切望する」「渇望する」

「願ってやみません」「心から望んでいます」「ずっと

そう願って来ました」ですが・・・?

先生:

随分、いろいろな表現があるんじゃなあ。

と言っても、中国語も同じだが。

“渴望 kěwàng

“盼望 pànwàng

“殷切期望 yīnqièqīwàng

“盼望已久 pànwàngyǐjiǔ”

“望眼欲穿 wàngyǎnyùchuān

などと言うよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

“望眼欲穿 wàngyǎnyùchuān

 『中日大辞典』     ①穴のあくほど見つめる

            ②<転>待ちあぐむ

            ③<転>のどから手が出るほど

                  欲しい

 『中日辞典』    <成>ひたすら待ち望む、

                 まちこがれる

 『中国語辞典』   <成>(待ち望んで目に穴

                  が開くほど見つめる→)

                 (遠くに住んでいる友人・

                  肉親や救援に駆けつける

                  人々、干天の慈雨などを)

                  ひたすら待ちわびる、

                  首を長くして待つ

  『50+630』   なし

先生:

君は、今、何を、「渇望している」かね? 

弟子:

「景気の回復」です。

先生は、いかがですか?

先生:

“人牛俱忘”

の境地じゃよ。

弟子:

何ですか、それ?

先生:

『十牛図入門』(横山紘一、幻冬舎新書)を、

読んでみなさい。

弟子:

はい。    

   

« ~レベルにおいては | トップページ | 困難に直面してはじめて真の実力が分かるものだ »

」カテゴリの記事