« 当然のこととして | トップページ | ~レベルにおいては »

2009年6月10日 (水)

格が違う

弟子:

今度は、「彼はメージャー中のメージャーだぜ。悪いけど、

君とは、全然、格が違うよ。君より、ずっと上だぜ」の

「格が違う」、「階級が違うよ」ですが・・・?

先生:

“不是一个级别的 bùshìyīgejíbiéde

などと言えばよかろう。

弟子:

では、

「君の方が、数段、格下だよ」の「数段、格下だよ」

は、どう言いますか?

先生:

“差了几个数量级 chàlejǐgeshùliàngjí”

と言えば、よかろう。

弟子:

「ボクシング」や、「柔道」や、「テコンドー」などでも使えそうです

ね。

先生:

元々、そちら系の言葉じゃろう。

ところで、君は、こう言われたことは、あるかね?

弟子:

言われっぱなしですよ。

カミサンから、「あの仙人面したおじいさんに比べた

ら、あなたなんか、はるかに格下よ」って。

先生:

おッ、わしが褒められた訳か?

弟子:

どうですかね?

前半が、こうなっていますからね、

「人をだますことにおいては、・・・」

先生:

ぎゃふん!!!

« 当然のこととして | トップページ | ~レベルにおいては »

」カテゴリの記事