« 愚の骨頂 | トップページ | 二者択一 »

2009年6月27日 (土)

最後通牒

弟子:

「これ以上交渉しても無駄だ。残された道は戦い

しかない。相手に最後通牒を突き付けるしか、

他に選択の余地はない」の「最後通牒」ですが・・・?

先生:

おー、「赤壁の戦い」か、「関ヶ原の戦い」か?

いずれにせよ、穏やかじゃないな。

tānpái”

“迫使 pòshǐduìfāngtānpái

出最后通牒 fāchūzuìhòutōngdié”

などと言うよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

tānpái”

 『中日大辞典』     トランプ遊びで、自分の持ち札を相手に

            さらけ出してみせる、

            <転>勝負を決する、対決する

 『中日辞典』    ①(トランプ遊びのポーカーで)持ち札を

              並べて相手と勝負を決する

             ②<喩>手の内を見せる、

              考え・意見・条件・実力などを明らかに

              して相手に見せる

 『中国語辞典』  (トランプなどで)自分の手の内を相手に見

            せて勝負する、

            (比喩的に)手の内をすべてさらけ出す

先生:

先の日中戦争では、日本は宣戦布告をしなかったらしいな。

『日中開戦』(中公新書、北博昭、p.8-p.9)によれば、

「結局、宣戦布告をしないほうが日本には得だという方向で

陸・海軍はまとまり、政府もこれに同調する。・・・」とあるよ。

弟子:

そうなんですか。

先生:

それから、「源平合戦」じゃが、どちらかが、最後通牒を

突きつけたのかな?

何だか、その辺が、勉強不足で・・・、君、知らないかね?

弟子:

あれは、確か、「祇園精舎」とありますから、インドの出来事

ですよね?

先生:

????????????????

もう、いい!!!!!!

« 愚の骨頂 | トップページ | 二者択一 »

」カテゴリの記事