« 勢いに乗って | トップページ | 暴く »

2009年6月25日 (木)

家が裕福

弟子:

今度は、「家が裕福だ」ですが・・・?

先生:

わしのようにか?

弟子:

そうなんですか?

日本で言えば、「南方熊楠」の生家のようなお金持ち

のことですが・・・?

先生:

“富裕 fùyù”

“家底厚实 jiādǐhòushí”

などと言えばいいだろう。

ところで、この御仁は、どこの人かね?

寡聞にして、存じ上げないが・・・。

弟子:

南紀は白浜に、「南方熊楠記念館」がありますし、田辺市に、

「南方熊楠顕彰館」があります。

詳しいことは、こちらをぜひ訪ねてみてください。

この人は、すごい人ですが、お金を稼ぐために、先生のように、

教鞭を取られたことはないみたいです。

ですから、先生よりも、経済的に恵まれていたと言えるのでは

ないでしょうか?

孫文先生とも親交があったようですよ。

先生:

そうかい。

じゃー、「熊野古道」の参観がてら、寄ってこようかな。

弟子:

是非、そうして下さい。

« 勢いに乗って | トップページ | 暴く »

」カテゴリの記事