« 人受けが良い | トップページ | 灰燼に帰す »

2009年5月27日 (水)

刺激的

弟子:

今度は、「あの本の内容は、刺激的ですね」の

「刺激的」「刺激的だ」ですが・・・?

先生:

“很刺激 hěncìjī”

“很刺激的 hěncìjīde

などと言うな。

で、どんな話だったんだい?

弟子:

見方によっては、他愛もない話かも知れませ

んよ。

先生:

いいから、言ってみてごらん。

弟子:

「むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさん

 が住んでいて、ある日、おじいさんが川に行ってみる

 と・・・」

先生:

あー、あくびが出るなー。

弟子:

「なんと、川の流れが、全て、チョコレートになって

 おり、その流れのあちこちに頭をのぞかせている

 岩は、えもいわれぬ香ばしいアーモンドになってお

 り、・・・」

先生:

それで?

弟子:

「そこに雨が降って来たかと思ったら、なんと、

 それは、生クリームで、まるで蜜のように・・・」

先生:

う~~~ん、たまらん、たまらん。

「刺激的」じゃ、「刺激的」じゃ。

弟子:

ふん、「単細胞」め!!

« 人受けが良い | トップページ | 灰燼に帰す »

」カテゴリの記事