« 文殊の知恵 | トップページ | 誰からも得るものはあるものだ »

2009年3月26日 (木)

三人寄れば文殊の知恵

弟子:

文殊菩薩先生、「三人寄れば文殊の知恵」って、

どう言いますか?

先生:

“三个臭皮匠顶个诸葛亮

sāngechòupíjiàngdǐnggezhūgéliàng

じゃよ。

弟子:

ちょっと、失礼。

 『中日大辞典』   “三个臭皮匠赛过诸葛亮”

             <諺>三人寄れば文殊の知恵

 『中日辞典』       “三个臭皮匠,赛过诸葛亮”

             三人寄れば文殊の知恵、

              多くの人が集まって相談すればすばらしい

              考えが出るたとえ   

 『中国語辞典』       “三个臭皮匠,赛过诸葛亮”

               <諺>(3人の革職人は諸葛亮に匹敵する

                   →)三人よれば文殊の知恵 

 『50+630』      三人寄れば文殊の知恵

先生、突拍子もないことをお聞きしますが、「もし、この地球

に3人しか人間がいなかったら、アインシュタインのような人

物が出て来たと思います?」

先生:

君は、結構、どうでもいいことを、真面目に考えるんだね?

弟子:

はい。

「アインシュタイン様」を尊敬していますので・・・。

やはり、無理でしょうね?

先生:

いや、「文殊菩薩」か、「アインシュタイン」の家系なら、3人

でも十分なんじゃないかな?

弟子:

????!!!

« 文殊の知恵 | トップページ | 誰からも得るものはあるものだ »

」カテゴリの記事